FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白い巨塔の舞台は大阪、なんですから。

今日は田宮版白い巨塔の再放送(フジテレビ)が終わった日である。31話を13時間に押し込めたので、かなり端折ってるようだが。
さて、何故『昭和版』『旧版』などと書かずに『田宮版』と書くかといえば、『佐藤(慶)版』、『村上(弘明)版』というのも存在するからだ。私が初めて観た『白い巨塔』は村上版で、次に観たのが田宮版(2002年正月頃、スカパーのCS721で放送されていたからだ)だった。
そんな私にとって、唐沢版というはダメダメだった。

確かに音楽はいいし、演出も(病院内に関して)良かったと思うのだが、脚本と配役が良くなかった。脚本の良くなかった点は、まずは『何でもかんでも恋愛にする』ところだ。関口弁護士がどうしてだか東教授の娘、佐枝子に惚れ、看護師の亀山と柳原が妖しげな関係になっている。あげくの果てには主役の財前と里見まで恋人同士のようだ。それは、財前の臨終のシーンを観れば分かる。どうしてだか、財前の舅である又一、財前の妻である杏子が『人払い』の対象となり、里見だけが財前を看取るのであるから。これは、801ではないか。井上由美子って『北条時宗』でもそうだったんだけど、腐女子に定評があるのだ。関口が佐枝子に惚れるという妙な見せ場を作ったのも、ただの上川隆也びいきではないのだろうか。
もう一つ脚本でダメだった部分は、『話の本筋に関係ないのが多すぎ』というところだ。『くれない会』のシーンやら、財前の妻杏子と愛人ケイ子の確執なんかは本当は要らない。今はF1,F2層に訴えかけないと視聴率が取れないのは分かるが…。
こういう要らんシーンのせいで、財前の母の出番や、『田宮版』にいたうめ婆ちゃんのエピソード、亀山の夫のエピソードが省かれたのだとすると、私はもう泣くしかない。

配役が駄目だったと思うのは、この物語の舞台が関西だったからだ。
まず、コテコテの大阪商人気質の男、又一があんなに関西弁が下手ではいかんだろう。
その点、岩田会長が東京出身の故・金子信雄から曾我廼家文童になったのは良かったと思うが。
ケイコが年食ってたのも、亀山が若かったのも、誤診で死んだ佐々木庸平の息子、庸一が不良っぽかったのもイカンかったと思う。
舞台が関西ということに関しては、『唐沢版』は本当にサイアクだった。又一が関西弁下手から始まり、コテコテの関西人の娘である杏子が関西弁をほとんど話さず、両親ともに関西弁を話す(下手だが)佐々木庸一が全く関西弁を話さない。一番酷かったのは、佐々木傭平が延々と『六甲おろし』を歌い続けたところだ。『唐沢版』の演出家達(河野圭太、西谷弘、村上正典)は、大阪を記号的にしか捉えられなかったようだ。
これが『田宮版』だと、出演者の多くが関西弁を話すし、大学病院を追い出された里見がかかわる山田うめは十津川の老婆だし、佐々木庸平の仕事が繊維問屋(大阪の船場は繊維の町だから)だし、関西の感じがよく出ているのであるが。
記号的にしか捉えられないというと、財前の田舎も、一体ここは昭和の何年だ?という感じだった。郵便局で送金するとか、いくら60代の女性の1人暮らしだからといって黒電話を使っているとか。
『人間の証明』もそうだったが、フジテレビのドラマ演出陣は、関東以外の描写が出来んのかと思った。

『田宮版』でどうしようもなく低予算っぷりを感じた、ヨーロッパの描写は、現代版の圧勝だった。だが、財前がアウシュビッツに行って、それがその後の財前にどう関わったかがよく分からない。単にアウシュビッツ行きたかっただけちゃうんかと、突っ込まずにはいられなかった。

『唐沢版』は原作と同じく財前五郎が『反省』をしなかったことが褒められる。けど、それは『村上版』でもやってたことだ。どうせなら、『村上版』で2クールやって欲しかったと思うが、それは決して実現しないこともこっちは分かっている。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。