スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピアノがやってきた、yeah!yeah!yeah!

前回の補足
・Murphy小父さんがJOY DIVISIONをカヴァーしているのが私にはたまらないんだが、Murphy小父さんはIan Curtisとほぼ1年違いの生まれである。そしてビビったんのが、私の誕生日はIan CurtisとMurphy小父さんのちょうど真ん中だということ。運命的なものを感じてる時点で色々厨二病。
・JOY DIVISONの和訳(意訳)を色々なページで見ているが、解釈が色々あって面白い。ちなみに私は『UNKNOWN PLEASURES』を『しょうたいふめいのきぼう』と訳している。なんたってWizヲタですから。あと、spiritを精神と訳したくなくfeelingを感情と訳したくないのですが、じゃあどう訳すかというのを考え中。色んな解釈ができる詩世界というのは掘り下げがいがあるよね。
スポンサーサイト

ブルーメーデー~俺と、俺の嫁と、その娘の'80年5月~

今年も5月がやってこようとしている。5月っていうとアイルトン・セナやhideさんが亡くなった月である。
アイルトン・セナが亡くなったことにはローランド・ラッツェンバーガーが亡くなったことも思い出さずには
いられないし、hideさんが亡くなったことには美歪さん(Deshabillz)や歪君(Madeth gray'll)が亡くなったことも思い出さずにはいられない。
セナが亡くなった時はあのクラッシュをテレビで見ていて、死んだと速報で流れた時に『あー』という呻き声をあげたことを忘れない(ちなみにその時私は登校拒否していて、大検を受けるためその後高校を辞めてしまった)。
hideさんが亡くなった時はその日のCASCADEの大阪城野音ライヴで知り、ワケが分からないままその日の夕刊の見出しを調べていた。
ちなみに私はhideさんの死を自殺だとは思っていない。あれは酒に酔って起こした一種の事故だろう。自殺というのが不名誉だからって思い込みたいわけじゃない。雑誌のインタビューやら読んでたらそんな風にしか思えないわけで。

さて、そんな色々な人の死を思う5月の私のメモリにまた一つ加わった。JOY DIVISIONのIan Curtisの死、である。―そんなのhideよりセナよりずっと前じゃないか、というツッコミはナシの方向で。まぁそれは縁の不思議ってやつで…3月半ばくらいか、たまたまニコ動だかYouTubeでJOY DIVISIONの画像を見付けたのがきっかけ。それは私には驚きで、単に有名なバンドの前身でしかない(24HOUR PARTY PEOPLEは既に観てたので)カルトバンドだと思っていたので、こんなに動画が残ってるとは思ってなかったのだ。しかもドキュメンタリー映画や奥さんの自伝をもとにした映画まで出来てたなんて。
今は辞めた(正確には辞めるって言いに行ったら解雇された)が、仕事で疲れてた私に、『まるで冷たいホルマリンの中に全身を沈めているような心地よさ』があった。しかし、JOY DIVISION、特にIan Curtisの命が行き着いた先のことを考えながら動画観たり曲聴いたりすると、ゴリゴリ削られる。何がってSAN値が(今後も色々専門用語が出てくるので検索推奨です)。これは不安障害治療中の身の私には辛い。でも断ってしまうとそれはそれでまたしんどい。…これは、飽きるまでがっぷり四つに組むしかねぇと腹を括った!

―そして私はIan Curtisを『俺の嫁』認定してしまったのであった―。
いや、ちょっと逃げないでくださいモニターの前の人!所詮私も腐女子の業を背負った女、キモいと言われても不謹慎といわれても腐女子には、やらにゃあいかんときもあるのです。『私の婿』認定するよりはマシだと思っていただきたい(流石に妻子愛人付の人ということもあるので)。
気がつきゃiPodしゃっほーに入れてたし、スマホの壁紙にまで(2010年に出たUNCUTの表紙ですねい。あのイアンたんが一番可愛いっす。後は目が怖かったり辛気臭い顔してるのがほとんどなんでね。TOUCHING FROM A DISTANCEの表紙写真なぞ…あれは化けて出る)してみた。ツイッターでも完全に頭が残念なつぶやきばかりしている(#joydivisionタグで検索して頂ければ私のここ一ヶ月半ほどの醜態が分かります)。

で、私の好きなJOY DIVISIONの曲だが、残念ながら『UNKNOWN PLEASURES』や『CLOSER』の中にはあまりない。
出来はいいけど『LOVE WILL TEAR US APART』は論外。あのPVのイアン三上寛(ちょ、ちょっと待って三上寛の悪口を言っているわけじゃない!私は三上寛のライヴに金払って往復2時間半ほどかけたくらいには好きだから!)みたいでオッサンくさいし、変な黄土色みたいなフィルターが時々入るし。歌詞に私生活が思いっ切り出てるっぽいのも何か、アレだわ。
私は『TRANSMISSION』や『DIGITAL』のような踊れる曲、『DEAD SOULS』のようなゴスい曲が好きなのだ。だから、PETER HOOKが『UNKNOWN PLEASURES』や『CLOSER』を再現しててもさしたる興味はない。私の好きな曲はMURPHY小父さんがカヴァーしててくれるからね。なんせあのお方は吸血鬼だから、詩世界を上手く中和して歌ってくれるのだ。
JOY DIVISIONっていうか、Ian Curtisの魅力っていうのは…よく内向だの内省だの孤独だの絶望だのあげくの果てには自閉などと称されたりするが、そういう言葉の群は無粋。あえて言うなら呪術的、であると思うがそれでも安っぽい。むしろここはあえて厨二方向に走って、伝奇小説的といこうか。殺風景で様々なものが奪われたManchesterの姿を多少歪める固有結界、それは過去だったり未来だったりこの世ならざるものだったり。Ianは依代となり、昂揚に突き動かされるままに揺れ蠢いたのだろう。そこにはもうクスリなど必要でないのだ。観客はきっと『くるぞ、くるぞ、キター!』っていう想いで、時に放心状態で見つめていただろう。まったく生で観れた人らは羨ましい限りである。

映画『JOY DIVISION』を観た。『UNKNOWN PLEASURES』の制作話、『あきれたぼういず』が街中を駆け回って新しい音楽を貪欲に求めたという話に通じるドキドキ感があった。『SHADOW PLAY』の他にもテレビで放送された様々な曲、金出すから全部観せろやーという気持ちだった(いやホンマに土下座してでも10万くらい積んででもいいから完全版出してくださいハイ)。…でも、Ian Curtisの癲癇の発作の話辺りから辛くなり、私は一時停止ボタンを押した。発作を初めて起こした日の話、私には『暗黒大陸じゃがたら』で江戸アケミが統合失調症を発症した時の話とダブって聞こえた。
その後YouTubeでNatalie Curtisの姿を見て、何故だかボロボロと涙が出て来た。どこか骨格がIanと似ている彼のたった一人の娘さんである。Ianが遺した全てのモノの中で至高の存在ではなかろうか。奥さんのDeborahさんの日記の中で、まだ赤ん坊のNatalieさんが、お母さんよりもお父さんを求めて泣き叫んだというのがあった。しかし、神経だけではなく精神まで病みだしたIanをDeborahさんは(子供の父親として)信用できなくなったようだ。Ianが死ぬ直前、『娘は自分が見るから』と言ってたのをDeborahさんは拒否した。…でも、もし…IanがNatalieさんの面倒を見ていたら、彼は死ななくて済んだんじゃないか。JOY DIVISIONの音楽やステージングにハマって、80年5月18日の『もしあの時ああだったら』を考えては『観測者ならぬ身の私には分かるはずもない』と潰していったが、この『もし』だけは潰せない。
30代も半ばになった私にとって、Ian Curtisは『おとこのこ』でしかないのだが、彼はててごでもあったのだ。
ててごにとって、娘ほど可愛く、また頭が上がらない存在ってそうないと思うのだ。Ianは生前、自分が良き父親ではないことを悩んでいたというのだから、彼にとってもおそらくは。
そして私は自分にとっての80年=昭和55年5月に思いを馳せるのである。当時の私は幼稚園に入ったばかりの幼女であり、絵本よりも小学生向けの学習まんがや図鑑を、図書館で借りて読むような子供だった。しかし我が家は厄介事を抱えていた。その年の3月に祖父が脳梗塞で倒れたのだ。その記憶というのは私が持つ一番古い鮮明なものである。昭和55年5月は私が祖父の見舞いに行ってた頃だろう。祖父はリハビリをすぐに投げ出し、5年半寝たきりの後に亡くなった。しかし私には祖父が『生から死へ変移した』という実感が(今でも)無い。元気だった頃の祖父を記憶していないから。今となっては『元気だった頃の祖父の記憶を持っていた記憶』だけが残っている。
私にとって…というより、我が家にとってもあの年の5月は辛い時期だったのだ。

話を昭和55年でなく'80年の5月に戻す。兎に角この世界線上ではIan Curtisという、ロック史上重要なボーカリストは自ら命を絶ってしまった。『Control』によれば、なんだかピタゴラスイッチみたいな仕掛けで吊っちゃったらしい。その死に対して責めたくもないし、私は『Rest in Place』などと言いたくはない。んなところで寝てんじゃねーと思うので。だから私は祝福を。その生と、その死をひっくるめて祝福したい。英語ではblessというのかな。祝詞(しゅくじじゃなくてのりとだよ)を奉って納めたい。
最近、Manchesterは私の海外で行くべきところ3つ目になった。行くのはずっと先になろうが。
だから
それまでに
墓石返せ
どこぞの痴れ者め。

テーマ : 伝説のアーティスト・サーヴァント化計画 - ジャンル : 音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。