スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同人誌と著作権との関係の謎

とある大型掲示板(ID固定の腐女子関係の項目でのやりとりなんですが、
90年代に一世を風靡したとあるスポーツ漫画の作者が、やおい(つまりは男性キャラ同士の同性愛の二次創作)は嫌いだみたいな発言をした、というので、
その作者が売れる前、男が男に懸想する漫画を描いていた(もちろんギャグですが)過去を知っている私は、『それはその作者言っちゃいかんだろう』と書いたところ、
…著作権に関してガシガシレスポンスがつきまして、作家の立場という人や夏休みだから涌いたような人やら沢山いたので、それ以後こちらもびびりまして閲覧もあまりしていない状況なのです。

まーその後、ガンダム関係のところで偶然そのいきさつを知りまして、どうも作者自身に自分の作ったやおい本を送り付けてしまった者がいたということなのです。作者はそれ以後『やおいは嫌い』という発言をどこかでしたらしく、作品も『腐女子に懸想されない』ように努力をしたという事のなりゆきだったそうなんです。
私は(コミケやらでひじょうに盛り上がっていた漫画だったので)、やおい同人誌を作ることに対して怒りをおぼえた、ということだと思ってましたので、それはそう言っても仕方ないのかな、と思いました。

ただ、著作権というハナシを持ち出されるとどうなのかな?とは思います。二次創作における著作権侵害の問題は今までにいくらか耳にしましたが、どうも曖昧です。私が耳にした話ではだいたいこんな感じ。
1)ベネッセのとあるキャラクターの同人誌を公認で描いてた作家が、突然それを禁止された。
2)任天堂のとあるキャラクターのやおい同人誌を描いてた作家が、事前通告もなしに逮捕された。しかも、弁護士もつけずに何十日も拘束されていた。
3)80年代に一世を風靡したとあるスポーツ漫画で、あまりにもやおい同人誌が乱発したので、編集があとがきで『ひどい』という旨のコメントを出した。
4)現在開催中の万博のイメージキャラクターも担当している作者側が、二次創作についての見解を二転三転させ、ファンを混乱させる。
…この他にも色々あったでしょうね。
著作権侵害、が罪なのは分かってるんですが、罪に該当するのが何か、ということが分からないんです。著作権に関する法律をざっと調べても、社団法人日本書籍出版協会のガイドラインにも載っていない。件の90年代に人気があった漫画の出版元を調べてもガイドラインが無い。だいたい、同人誌は複製でも転載でもない。
一応、同人誌にまつわる著作権が載ったサイトはあるんですが、それを読んでも曖昧な点は残ります。つまり、同人作家というのは手探りで、いつしょっ引かれるか分からないまま、『描かせてもらう』という謙った立場で居続けてるというのが現状、というわけです。人のキャラクタで金取ってるんだから当然だ、という意見もありましょうがインターネットで利益の出ないものを描き続けてる人も最近は多いのです。
件の漫画は90年代の漫画で、インターネットが普及してなかった頃に流行った漫画なのでもうどうにも出来ませんが…例えばWINNYなどのように、状況が変わった時代に合わせた法制化というのをお願いしたいところです。
同人人口は買う側も売る側も含めると数十万数百万人にのぼるはずで、コンテンツ制作側には無視できる存在ではないからです。
例えるならばアマチュアバンドが有名バンドの曲をコピーするのに似て、将来の売れっ子の原石に関わることでもあります。
件の漫画で言えば、同人作家からプロデビューし、作品がドラマ化された人やアニメ化された人もいるわけですから。

最後に、件の漫画の騒動についてですが、『同人誌を描かれるのがイヤ』なら著作権の話になりますが、『やおいを描かれるのがいや、もしくは腐女子がイヤ』となると、著作権の話とは分ける必要があると思います。作者として、『こう受け取られたい』という思いはあるでしょうが、『こう受け取った』ということに関しては踏み込めないんじゃないか、と思うからです。送りつけられたものに関しては、内容にもよりますが猥褻に関する法の問題になるでしょうし。
スポンサーサイト

オタクっ気がない人なんているのか?

自分にはオタクっ気がないという人が信用できない。
体育会系なら信用出来るけどね。
これだけネットに接続する人が多くて、漫画やライトノベルを含む文字文化、そして映像文化に溢れていてオタクっ気が無い人って、おかしいでしょ。

まず、ここを覗いてらっしゃる時点でオタク度は高いでしょう。
高率で音楽オタクだし、こんな怪しげなタイトルのコラムに辿り着かれるということは…。
でも、音楽オタクの人には、自分のことをオタクだと思ってない人が結構いるような気がする(ま、あくまでも気がするだけなんですが。本当はどうか分かりませんし)。
そういう人は、自分のことを『サブカルっ子(仮称)』というように定義付けてるんじゃないかと思う。ま、少なくとも秋葉原に行くようなオタクよりは上だと思っているんじゃないだろうか。

でも、いわゆるパンピー(これも死語だろうか。でも代わりの言葉もないですね)といわれる人達にとっては、どっちも変わらないのじゃないだろうか。何か一つのことに関して詳しくて、蘊蓄垂れるような人である以上は。
私は元々テレビゲームやアニメが好きで、その後音楽の趣味やってましたがやはり、どこかこれはアニメやらより上なんだという部分がありましたね。ま、勘違いなんですが。そして今も勘違いしてる部分はあるんですが。
ただそれでもカッコつけない為にも自分で自分を『オタク』だと名乗るようにはしています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。